新築一戸建ては自由設計でクオリティーの高い物件を作れる

住宅

光は重要

家

住宅への光の取り入れ方

注文住宅を購入する際には多くの点に注意して家をデザインする必要があります。注文住宅は施主の要望を叶えることができる建築方法ですが、一般的にどのような部分に注意しておけばよいのかを知ることもより良い家を建築するうえでは重要なのです。 たとえば光を多く取り入れられる住宅をデザインすることで明るい家を実現することができます。明るい空間であるだけで人は落ち着くと感じやすいのです。明るいというのは証明でも実現することができますが癒しやリラックス効果を求める場合自然光であればなおリラックスできるのです。もちろん光がよく入る住宅というのは住んでいる人の気持ちの面だけでなく光熱費の節約や、湿気の対策にもなるのです。とはいえただ大きな窓から大量の光を入れればよいというわけではないのです。光の入り方や影のでき方などを計算し工夫することでより落ち着いた空間を手に入れることができるのです。

窓の設置位置によって印象は変わる

最近では狭小住宅など狭い土地やすぐ隣に隣地があるような敷地も珍しくありません。こういった小さな土地や特殊な土地に住宅を建築する際には注文住宅は便利なのです。こうした土地の場合周囲の目や隣地の壁などにより屋内に光を取り入れにくいケースも少なくありません。住宅では上の階に行くほど周囲の目も気になりにくく光も取り入れやすくなります。更に隣地の壁が間近に迫っている場合には中庭を設ける、天窓から光を入れるといった工夫をすることでより明るい空間を作ることができるのです。同じ大きさの窓の場合、天井から入れる光は壁窓から入る光より3倍の光の量があるとされています。 更にカーテンを設置して光の量を調節できる工夫も大切です。光を取り入れるためには窓が必要になります。窓は外部のデザインにも大きな影響を与えるので多角的に計画することが大切なのです。こうした住宅も注文住宅だからこそ叶えることができるのです。